2020年05月13日

トニトニ発表に批判。ジャニーさんの遺志を問うファン。ジャニーズ×ミスチル、チャリティーソング『Smile』期間限定ユニット「Twenty★Twenty 」結成。



Smile Up ! Projectで様々な支援を行なっているジャニーズ事務所の次なる動き。

期間限定ユニット「Twenty★Twenty」結成。

KinKi Kids、V6、嵐、山下智久、NEWS、
関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、
Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、
ジャニーズWEST、King & Prince、
Snow Man、SixTONES、15組76名参加。

史上最多人数のユニット。
史上大幅更新の大ユニット「史上」しっかり入れ込むジャニーズらしさ。

楽曲提供はMr.Childrenの櫻井和寿さんと一流アーティストに依頼の素晴らしさ。

楽曲『smile』の収益金が医療従事者などに充てられる支援であるこの企画。
発売日など未定の現状、CDで発売されるのかCD販売できるのか不明なところ。配信の可能性もありそう。
だが、配信利用は世代差あるから、まだまだCD需要は大きいだろうなとも思います。
支援ともなれば、色んな層が手に取ってくださるでしょうし。


「Twenty★Twenty」

元々はジャニーさんが、東京オリンピックに向けてJr.の中から選抜したメンバーで、新たに結成を予定していた「2020(トゥエンティートゥエンティー)」が始まり。

この発表を2013年にしていただけに、その当時の発表内容を瞬時に記憶呼び起こしたファンから否定的な声。それぞれの角度から不満が起こることに。


Jr.だけでやってほしかった。

Jr.じゃなくてデビュー組なの?

病気療養中、休止中メンバーが入っていない。

謹慎中メンバーが入っていない。

「15組76名」発表の表記に引っかかっている。

トニトニとは別のユニットグループ名にしてほしかった。

J-FRIENDSでいいじゃん。

Jr.を見捨てた。(切り捨てた)


……などなど、気になる批判一部抜粋。まだ出るかもしれませんね。


「76名」に関しては活動する人数表記なだけで、お知らせ発表として何名参加するかわかりやすくする、いち情報に過ぎず。
重く受け止めすぎに感じました。
音楽特番のジャニーズメドレーでいう「総勢〇〇名」参加のただの情報と変わりなく思います。

チャリティーだから活動は出来ていないメンバーにも思いはあるだろう上で、人数には入れて欲しいということなのか。

ならばそれはファン側が汲み取って、これはただの「情報表記」としたらいい話。


…………支援プロジェクトなのだから、エンターテインメントを通じて社会貢献、何か動いてくれているだけでありがたくないだろうか。

簡単に言うと、ファンの文句が多い。笑け呆れるほどに。

「トニトニ」があっという間にトレンドに上がっていました。
今回はジャニーズ本領発揮のエンタメ事。
それこそ今までの支援企画報告の時のように、素晴らしいと声が上がると思いきや。

ファンの不満の声のほうが先に多数目に入る事態。

しかもこういった活動についてという時に、文句が真っ先に出てしまうのか〜と素敵なプロジェクト知った後に残念な気持ち。


ファンはCDなど購入という形で間接的に支援できる。
医療従事者ではないから、最前線で直接的に何か出来ている自分ではないからこそ。
その上で、ジャニーズの音楽を楽しむことが出来るプロジェクトなだけに。

こういう状況だからこそですが、こんなにグループ揃って何かするってないですし。
だからこそ阪神・淡路大震災の際、チャリティーとして結成されたTOKIO、V6、KinKi Kidsの期間限定ユニット・J-FRIENDSを彷彿とさせ湧いただけに。

ここで冒頭の「J-FRIENDSでいいじゃん」軽口問題にツッコんどきます。

J-FRIENDSは、J-FRIENDSですからね。

いくらユニットグループとは言え、予定で動く前だったトニトニとは違い、J-FRIENDSは確定で動いていたのだから今いろんなグループ加入してJ-FRIENDSって言われたら違和感半端ない。笑

当時、嵐は入れてもらえなくて彼らA-FRIENDSって勝手に作るくらいJ-FRIENDSは3組揺るがなかったですからね。

そして今回のトニトニ、TOKIOの名前、ないこと気づいてますか。


来年以降開催の東京オリンピックは新たな形で何か仕掛けてくるのではないか、と思ってもいます。

2020年に叶うはずだった「2020(トゥエンティートゥエンティー)」だからこそ、今この名前でやらなくてはならないのではないかと思えました。

それに今回はトニトニとはいえ、「Twenty★Twenty」

当初2020年開催予定だった東京オリンピックが来年以降になった以上、逆に2020年に掛けた「トニトニ」の名前を使う機会がなくなるだろうから、ここがジャニーさんが付けた名を世に出す最後の機会なんじゃないだろうか。

しかしそのままではやはり、当初とは別企画ではあるから遺志を継いだ上で、「Twenty★Twenty」としたんじゃないかと勝手な推測。

2021年以降にトニトニだったら違和感じゃないですか。あえてでもそうしてって感じだろうか反意見のファンは。
どうしたって今年だけですからね、「2020」は。当たり前だけど。


それこそタッキーはJr.育成に尽力しているのだから、そこに今の次世代たちが関わる"何か"を考えているのではないだろうか。期待も込めてそう思ってます。

今のJr.の子達が力発揮するのは2021年以降の東京オリンピック。
ジャニーさんの構想がトニトニ発表後から具体化していてタッキーが引き継いでいるならば、その遺志はこの機会じゃなく別の場で見れたらなと思う。
2020年ではなくなるけど、当初の「40名」予定の要素もそこに含まれていたなら伏線回収。


ジャニーさんの話では元はJr.で構成との話も、今こういう状況に力発揮するにはやはりデビュー組が適任。

支援目的であり、収益金も見込めなくては。
やはりファンがたくさんいる、一般知名度も高いデビュー組が名を連ねる形は必然かと。


休養中や、自粛中メンバーがいるグループは76名と発表されたことが複雑なことはわかるが、だからJr.でいいは腑に落ちない。


それぞれの事情で参加出来ない事は致し方ない。

この事務所総出の中、音楽活動再開していないこれまた致し方ないことだが、TOKIOの名前がないことが私的にめちゃくちゃ寂しい。

それで言うと木村拓哉くんが参加あっても良いと思うし、俳優メイン活動とはいえアーティスト欄に個人名があるタレントも参加してほしいくらい。

しかしそこは「定期的にCDリリースがあるタレントに参加募った」との補足情報があったので納得しました。


その場その場の思いつきが素晴らしく働くジャニーさん。

トニトニ結成案が発表されたのは2013年。

長い月日の間に何か練っていたかもしれない、何か構想は進めていたかもしれない。具体的に固まっていたかもしれない。

当初、東京オリンピック開催が予定されていた時期が近づくにつれ、どういう形でジャニーズが関わってくるのか、ジャニーさんは何を仕掛けてくるのか楽しみにしていた中で。

そういえばトニトニはどこ行ったんだろうね、実現するのかな、とジャニファンの友人とそこで初めて思い出して話したこともありました。

ファンが忘れてたくらいだからジャニーさんも忘れてるのでは、ともイジっていたくらい。←
その場の思いつきがたくさんありすぎて、忘れてるんじゃないかと勝手に広げてました。笑


この発表にかこつけてタッキー批判もネ。
オキニだのタキニだのまた引っ張って、今回の事に絡めてタッキーを悪く言う。

多数の所属タレントから「チャリティーソングを歌いたい」と話があったことから。

直接、タッキーにあなたの自担が話をしたかもしれない。
話は出来てなくとも、多数のアーティストが音楽を届けている様子を見て、やりたいと思っていたかも。

それがトニトニの再構成案で、メンバー達が納得の形で実現しているわけで、タッキー批判はそこに参加しているメンバー批判にも繋がるのではないか。

グループそれぞれ公式コメントも出してましたし。
今回決まった事を否定するならば、批判しているファンそれぞれの担当グループの曲に込める想いも否定と同様に感じます。

ジャニーさんの意思を継いでプロデュースの部分を切り取ってタッキーだけを叩いてるつもりでも結局、全ぶっ叩きになっているとしか思えませんでした。


よって冒頭に書き出したファンの声にあった、「Jr.を見捨てた」もおかしな話。

見捨てた、とは。笑

滝沢くんは、Jr.の育成は、人の人生に関わることだから生半可に出来ることではないと決意して表舞台から完全に去った方ですよ。
それこそ軽々しく言って欲しくないところ。

彼が作るものが気に入らない、好みじゃないなら見なきゃいい話。
ただ、その作品の中であなたの推しはエンターテインメントをしている、納得してるからこそ全力で活動して、そこに立っているのでは。

ジャニーズの物づくりは自分たちの意見が言える自分たち発信ができる風通し良い印象あるだけに。
自担は我慢して不満抱えてやらされてるなんて考えになるならば、その全力は嘘に変わってしまう。

ここでもまた彼らグループコメントに繋がります。
曲のタイトル『smile』からも、皆さまに「笑顔」や希望を、気持ちが明るくなるようにと、あたたかいメッセージ。

タッキーが関わり、ミスチル櫻井さんも関わっている。そして15組のグループ。
気に入らない事が部分的であっても、滝沢くん否定することが他の方の否定、批判に間接的でも繋がるように思えます。

曲聴いて、何らかの形で歌唱映像などもあった際はそれらを見て手の平返しする人もいるんだろうなぁ。。



受け取り方だったり、誰かに対してのイメージや正しいか誤ってるかわからぬ情報もファンそれぞれ捉え方が違うから、こういう荒れもまた致し方ないですが、、、


今回に限っては支援の為、その為に考えてくれたことへの文句は、水差すなぁとしか思えず。

批判内容にも違和感ありまくりでなぜこうなるんだろう?と、私的思うところも考え発展ゆえに長々ね。。(毎度毎度ここまで読んでくださってる方々本当にありがとうございます。)

もちろん好意的な意見も多数、ファンからユニットへの期待や楽曲を楽しみにする声もあり。
同じくタッキー批判の論点ズレを言ってくださってる方もいました。

真っ先にね、見てしまったのが批判意見とそこに並ぶ滝沢秀明の名前だったもので引っかかり多数でした。。


あとちょっと、最後に余談です。

タッキーの誕生日祝いメッセージで見かけたのですが、タッキーファンの方の素晴らしいところは「応援してます」とも共に「いつまでも味方」と入れた愛のメッセージが沢山あふれていました。
誕生日メッセージはほっこりばかりですが、涙レベルの感動。

ファンが「味方」と発信したくなるほどなんだと刺さりまくりました。
何かと滝沢くんへ逆風吹きまくってる。その直風の元は若手ファンの多くなんだが。(ぁ


所詮自己満で、そういう人達に刺さるとも思えないけどタッキーを悪く言う人がいたら反対の思いを話さずにはいられないんですよねぇ。。
話す数が本当に増えてしまった、悲しいことに。今回もそう。

タッキープロデュースはタッキーファンからしたら最高に上がるポイントですが、言わないほうがいいんじゃと思ってしまう時もあります。
あまりにも批判されるから、理不尽なまでに。

しかし、名前聞くだけで湧くからそこはお伝えしてほしい思いも無くせない。


不満ある人達は何をしたら認めるんだろう。
認めるも何もな話か。ジャニーズに限らず、賛否は何事にもつきまとうから。

タッキーが形にしたものを認めてるファンはたくさんいるから、無視してくれて全然いいわ。笑


ファンの愛は大事だが、ファンの偏った目線の評価より、客観的評価、幅広い反響が大事。


トニトニも世に出たらたくさんの人々にどう見られるか、楽しみです。

今回の荒れ吹き飛ばし反響期待。


【過去記事】
『おめでとうに紛れるデビュー批判。Snow Man、SixTONES、2020年CDデビュー決定。タッキー批判やスノスト「ブス」批判まで……』→http://candytreeentamidori.seesaa.net/article/468742162.html

『「キンプリは?」「ストは?」」「嵐の後番組を!」Snow Man冠番組決定に荒れる他担。「ゴリ押し」タッキー批判と嵐まで巻き込み』→http://candytreeentamidori.seesaa.net/article/473819369.html

『翔くんニノ、村上くんも。嵐、関ジャニ∞立て続けに週刊誌報道の黄金世代。滝沢秀明の名も』→http://candytreeentamidori.seesaa.net/article/474009865.html
【[ジャニーズ]の最新記事】
posted by 海風 at 07:00| [ジャニーズ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする